このページの本文へ移動

リゾ鳴尾浜

プール利用規約

リゾ鳴尾浜 プール・リラクゼーションバス利用規約

【定義】

 本規約は、株式会社鳴尾ウォーターワールド (以下、「会社」という)が運営する、リゾ鳴尾浜の1階アミューズメントプールおよび2階リラクゼーションバス(以下、「本施設」という)の利用に関する諸規定を定めたものです。

【注意事項】

・安全で快適にお楽しみいただくために、場内では係員の指示に従っていただきます。係員の指示に反する行動を行われる場合は速やかに退館していただきます。その際、入館料・駐車料等の返金はいたしませんのでご了承ください。

・小さなお子さまには、必ず保護者の方が同伴してください。場内では、お子さまから目を離さないでください。

・障害等の理由により、おひとりで安全にプールの利用ができない場合は付き添いが必要です。

・プールは水着でご利用ください。また、プールの中にタオル等を持ち込まないでください。

・浮輪類を持ちこまれる場合は他のお客さまのご迷惑とならないようご注意ください。

・プールに入る前には、必ず準備体操をし、シャワーを浴びてください。

・サンオイルや日焼け止めクリーム等をご利用の方は、プールに入る前に必ずシャワーを浴び、落としてからお入りください。

・お帰りの際は、必ず目を洗い、シャワーを浴びてください。

・眼鏡をかけて泳がれる方は、落下防止のため眼鏡バンドの使用をおすすめします。

・貴重品の管理はご自身でおこなってください。

・ロッカーのカギの掛け忘れや、紛失などによる盗難事故については、責任を負いません。

・ロッカーキーを紛失された場合、所定の保証金をお預かりします。

・健康管理はご自身でおこなっていただき、体調不良の場合はすぐにお近くの係員へお申し出ください。

 

【禁止事項】

・危険が予測される、衛生維持管理できない、他のお客様に不快感を与える、迷惑になる行為

(例)プールへの飛び込み

場内でのかけ足や悪ふざけ

浮輪の上に立つ

滝の階段や鉄棒など、器具・機器等の上にあがる

小さなお子様だけでの遊泳

プール入水中の飲食

・他のお客さまに不快感を与えるような水着を着用してのご利用

 (例)露出度の高いTバック水着

    透けている水着

    極度のハイレグ水着

・指定場所以外での喫煙、歩きタバコ

・会社が事前に許諾していない館内での営業行為(撮影会を含む)

・他者に対する館内での宗教活動

・必要以上に広いスペースを占用すること(場所取り等)

・その他の迷惑・危険行為(チカン、盗撮、ラジコン・ドローンの使用等)、公序良俗に反する行為、他のお客さまに不快感を与える行為

 

【持込禁止】

・飲食物。

・危険物(尖ったもの、刃物類、火気類、及び劇物・毒物 その他公共の場で使用が一般的に禁じられているもの)

・テント、タープ、クーラーボックス、パラソル、チェアー、テーブル

・極端に大きな浮き輪類、遊具、ボート、サーフボード等

・オール、動力付きボート

・ガラス製の水中マスク、足ひれ、フリッパー等

・周囲に音を出す音楽プレイヤー等

・ペット類

・その他、会社が不適切と判断したもの

 

【入場制限】

・泥酔状態の方

・暴力団関係者、刺青・タトゥー(シール類を含む)のある方

・伝染病及び感染の恐れのある疾病等をお持ちの方

・健康不良、体調不良の方

・暴力行為、危険行為、監視業務・警備業務の妨害行為、他のお客さまのご迷惑となる行為

※入館後であっても速やかに退館していただきます。その際、入館料・駐車料等の返金はいたしませんのでご了承ください。

 

【2階リラクゼーションバス、ロッカールームにおける制限】

・9歳未満(小学校3年)または身長120cm未満のお子様に限り、お子様の性と異なっても、保護者と同じロッカーをご利用していただくことができます。

・サウナの利用は高校生以上とします。

・水着およびサウナスーツを着用して浴室に入室することはできません。

・浴室内への撮影機器(カメラ・ビデオ・スマートフォン等)の持ち込みはできません。

・浴場内への通信機器の持ち込みはできません。

・浴室内での、白髪染め、ヘアカラー、カラートリートメント等の使用はできません。

 

【利用料金】

 本施設の利用料金についてはホームページでお知らせします。社会経済情勢の変動に応じて、入館料、レンタル料、飲食料及びその他の料金を変更する場合があります。

 

【営業日及び営業時間】

 本施設の営業日及び営業時間についてはホームページでお知らせします。

 天災、地変、法令等の制定・改廃、行政指導、その他やむを得ない事由が生じた場合は、本施設の一部もしくは全部の利用を制限、営業の休止を行うことがあります。

 

【損害賠償責任】

 本施設の利用者が会社又は第三者に損害を与えた場合、当該損害の賠償を求める場合があります。また、会社に故意又は重大な過失があった場合を除き、本施設ご利用中に生じた人的、物的事故、盗難、紛失、破損について、損害賠償の責を一切負いません。

 

【本規約の改定】

 会社が必要と判断した場合、本規約等を改定することがあります。本規約及び細則等の改定にあたっての通知、予告はホームページにてお知らせいたします。

 

(改訂)

 2019年10月1日